キャッシングで限度額いっぱいまで利用するポイント!

キャッシングの限度額がどのように決められるのかを理解しよう

graph-163509_640

少額な現金が必要でありその後はすぐに返済できる予定の人にとって、キャッシングはとても便利なサービスの1つですよね。利用額が50万円以下であれば、必要書類なども身分証明書だけで済む事が多いです。

また大手の消費者金融系の業者であれば、審査から融資までがとても早く即日に借入できることもありますよ。そのため突然現金が必要な時の一時的な対処として利用する人は、実はとても多いサービスの1つといえます。

そんなキャッシングですがポイントになるのが限度額になります。全ての人が同じ限度額いっぱいで利用しているというわけではありません。

では実際にどのように金額の上限が決められているかですが、まず理解しておく必要があるのが契約限度額になります。契約限度額は業者が1人のお客様に融資できる最大の金額が決めれているという点があります。

もし返済能力が高い人で900万円借りることができる場合であっても、業者側の契約限度額が500万に定められている場合は上限は500万円以上借入するこはできません

次に総量規制と呼ばれる決まりもありますよ。この規制は年収によって借入できる金額が定められているものであり、年収から3分の1までと決められています。

この年収に対して3分の1の上限ですが、利用する業者が1社に限らず複数の場合でも総合して決められる事になります。

年収300万円の人が1つの業者ですでに50万の借入を行っている場合、2社目の業者で借入する場合は3分の1を越えての借入はできないので、50万円までしか利用できなくなrます。

このように借入額の上限はその人の年収や業者側の契約によっても決められているので、その点をしっかり把握して自分自身の上限額はいくらになるのかを把握したうえで利用することが大切になりますね。

自身が契約している限度額を確認しよう

キャッシングは手軽に利用することができる借入サービスになるので、一度審査が通りカードを所有している場合はいつでもいざという時にお金を借りることができます。

借入自体をあまり頻繁に利用しない人の場合は、一度急な用事で現金が必要な時に利用したのみでその後はまったく活用していない人も数多くいます。

次にまた再び利用する機会が出た場合は、2度目は審査などもないので自身が契約した際の上限額まで自由に借入する事は可能です。

ただし最初は必要な金額だけ借入出来ればよいので限度額自体がいくらに設定していたか、忘れてしまう人も実は多くいます。

上限は年収の3分の1以下とされていますが、最初はもっと少なく設定している場合多いです。もし次に現金が必要になった時に限度額以上のお金が必要になると、契約をまた変更する手続きなどが必要になってきます。

そのため普段あまり借入を利用していない場合であっても、自分の上限額がいくらなのかを把握しておくことが重要になってきますよ。

上限額をしっかり把握しておけば、次にまた必要になった時でも慌てずに利用することができます。

また借入自体をこまめに利用している人であっても、返済自体が滞ることなくしっかり予定通り返済していると上限額が変わる事もあります。

借入履歴自体は業者側がしっかり管理していますが、しっかり借入と返済を行っている人に対しては借入額の上限増額の案内があることもありますよ。

返済実績がしっかりしている人の場合は増額しても、確実に返済してくれる優良顧客として判断されいているという事ですね。

増額する場合は審査が必要になりますが、業者側からの提案になるので審査自体に落ちる事はまずないと考えていて問題はありません。

借入できるキャッシングの限度額を増枠してみよう

good

自分が普段利用しているキャッシングの場合、たまに限度額いっぱいの借入額をもう少し増やしたいと感じることもありますよね。

ですが最初の契約の時点で借入額の上限が決められているので、基本的に上限を超えた借入を行う事はできません。

その場合は業者側に依頼して、限度額上限の増額依頼を自ら行うことが必要になってきます。限度額自体は年収の3分の1以下という決まりがありますが、生活している中で年収が上がることもありますよね。

また転職などした場合であれば、より年収額に違いが出てくる事もあります。

では実際に上限額増額を依頼する場合ですが、基本的には電話で連絡するとスムーズに申し込みが行えます。次に審査が必要になりますが、年収が上がった人や勤め先が変わった場合は現時点での収入や勤務先の情報などが必要になるので準備しておくとよいですよ。

業者側から増額の依頼がある場合は審査自体が落ちる事はほぼありませんが、自分から依頼した場合は審査の内容によっては落ちる事もあります。

審査が遠り無事に増額が認められれば、次にキャッシングを行う際に限度額いっぱいの金額が増額されているのでより有効的に活用することができまね。

キャッシングで年収3分の1まで利用できる総量規制について

キャッシングは銀行のカードローンや消費者金融系の業者を利用することで、現金の借入や振込などを行ってもらえるサービスになります。

生活している中で冠婚葬祭の他に、突然のケガや病気なんでお金が必要になる事はありますよね。

ですが突然過ぎて現金の準備が間に合わないといった時などに、必要な金額だけを借入できるキャッシングはとても便利なサービスです。

また現金の場合はお金の貸し借りなどトラブルの原因にもなる事が多いので、親兄弟や友人や知人に相談しにくい内容にもなっています。

人間関係のトラブルなども防ぐためにも、より安心して手軽に利用できるキャッシングに助けられる人はとても多いと思います。

ただし実際に借入する場合ですが、消費者金融を利用する場合は借入する際の限度額の上限が決められていると言う点を把握しておくことが重要になりますよ。

総量規制と呼ばれる決まりがあり、借入を行うひとの収入に合わせて限度額の上限が決められるという規制になります。

それは年収の3分の1までが借入できる限度額とされており、たとえば年収が300万円の人の場合は、上限として3分の1となる100万円以上の借入はできないという事になりますね。

ポイントになるのが総量規制は複数の業者を利用した場合、借入額をまとめて決めらるという点になります。

2つの業者からそれぞれ30万円ずつ借入していた場合、3つ目の業者から借入できる金額は100万円以内に収めるため40万円までという計算になります。

契約した業者毎に3分の1ではないので、その点をしっかり把握してく事がポイントですね。

総量規制が導入された理由について

消費者金融系の業者を利用したキャッシングのメリットとしては、審査自体がとてもスピーディーという点がありますよね。また審査自体も通りやすいので、契約した当時に即日融資してもらえることもとても多いです。

現金が急に必要な時は急いでいる事が多いので、即日融資をしてもらえるサービスはとても助かりますよね。ですが以前までは融資してもらう金額の上限に、明確な決まりなどは設けられていませんでした。

キャッシング自体を利用する人のほとんどが、高額ではなく少額な金額を借りる人が多いですよね。それは一時的に必要な現金が少額な事が多く、また借りている側も少額だから大丈夫という安心感も働いてしまいます。

ですが手軽に借りられてしまうからこそ、制限がない事も合わせて急いで現金が必要な状態になれば多少なりとも借り過ぎてしまいますよね。

1回の借入自体は少額でも回数が増えれば借入自体の総額自体は高くなります。また上限の制限がなければ結果として高額な借入の返済と、合わせて高い金利が発生してしまう事が多くなっていました。

またもともと金利自体を高い状態で契約することが多く、結果として返済できずに自己破産する人などが増えてしまったという背景がこれまでありました。

そのため、お金を借りる側がしっかり返せる範囲として、年収の3分の1までを借入額の上限と定めた総量規制が設けられました。

また同時に高い金利についても見直しがされたので、実際に借入を行った場合でもしっかり最後まで返済できるようになりました。

総量規制自体は、返済能力を超えた借り過ぎを抑えるために決められたルールといえますね。

総量規制の除外や例外に対象外がある事を知ろう

消費者金融自体は営業している店舗数の他に種類も豊富なので、自分の利用しやすい業者を選んで活用することができますよね。ただし総量規制によって年収の3分の1以上の借入は行えません

ですが実際に必要な現金が年収の3分の1以上だった場合は、消費者金融での借入では対応出来ないことでてきます。その場合の対処方法としては、いくつか方法がありますよ。

まず銀行のカードローンの場合は総量規制の対象外になっていますよ。そのため年収の3分の1といった縛りなどもなく、返済能力などもふまえた審査はされますが借入の上限額最大まで利用すること可能となっています。

次に総量規制自体が除外になる利用方法があります。まず住宅ローンや自動車ローンなども、総量規制では除外にあたります。

また高額な医療費の支払いなども除外になりますが、理由として家や車などの大きな金額に利用する場合は、医療費支払いのために使用する場合は総量規制の対象から外れるので、上限額以上の借入を行うことが可能ですよ。

またそれ以外に例がいとして、複数のローンを1つにまとめるおまとめタイプのローンなどの利用の場合は例外になります。

また例外などもあり総量規制の上限額以上の借入であっても返済能力がありしっかり返済できると判断された場合は、総量規制の限度額以上の借入を行える場合などもあります。

このように全て総量規制通りの借入になるのかというと、借り入れる業者や内容によって違ってくるということを把握しておくとともポイントになりますね。